<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

20060130

昨日はさすがに疲れていたせいか、ぱったりと眠ってしまいました。
読もうと思っていた本は手に持ったまま、電気はつけっぱなし、iTunesはエンドレス…。
まぁ、心地の良い疲れでもあったので、睡眠がとても必要だったのでしょう。

そして今朝はとても暖かでしたね。前日との気温差が大きかったせいか、今朝は目覚まし時計が鳴る少し前にうっすら目が覚めました。これは私にとっては「今日は動きやすい気温ですよ」というサイン。朝の光の入り方と気温の上昇の仕方が少しだけ春っぽくなってきたことを体で察知して起きる現象で、毎年これで季節の変わり目を感じます。

寒さが苦手、しかも朝の寒さが大の苦手なので、冬の起床にはとても苦労しているのです。お恥ずかしい話ですが、1.理想起床時刻(時計) 2.ぎりぎり起床時刻(携帯電話のアラームのアラームその1) 3.家を出なければならない10分前(携帯電話のアラームその2) 4.始業時刻(携帯電話のアラームその3)、という4段階のアラームを日々設定して、冬を乗り切っています。

4.は最悪の場合の「今日は休みます」という電話を入れるためのアラームです。考えるのも恐ろしいですが、実は・・・これでも起きられなかったことがあります。大人失格。きゃー。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-30 23:31 | weblog

Atelier Exhibition レポート

f0018419_215052100.jpg


2006年1月29日 旧正月のこの日にAtelier Exhibitonを開催しました。

大寒を過ぎたばかりですが、当日は小春日和のような良いお天気。太陽光がふんだんに入るなか、『Fragmental Nostalgia of Vietnam Atelier Exhibition』が始まりました。

当初はDesign Festa での展示をそっくり再現できれば、と思っていたのですが、スペースも数倍あったこともあり、準備に取り組み始めるといろいろなアイディアが湧いてきて、結局当初予定した倍以上の手間をかけることになりました。

Design Festaにも出展したメインの作品、ポストカード90種、カレンダー(ベトナムごはん、ベトナムキュートシリーズ)。さらに今回のためにA4版に伸ばした写真を7点額装し、広いスペースを使ってゆったりと展示しました。(↑写真いちばん奥) 

手前に映っているのは『ベトナムごはんモビール』。厳密にはモビールではないのですが、常時好評なごはんの写真を使った展示です。小さく印刷した写真を両面に使って細いロープで繋げて天井から吊っています。風が通る会場でゆらゆらと揺れている姿が見られました。

また、ベトナム特有のかわいらしい建築の写真を、マッチ箱のようにA2サイズにたっぷり80軒分な並べた『ホイアン街』。街を歩いていた時の雰囲気を再現したつもりです。

最後に、旅ノート。これは実はきれいに仕上げる予定が、どうにも間に合わなかったのですが・・・。手書きの旅のメモと紙ものをスクラップブックに貼り付けたものを照らし合わせて、臨場感あふれる記録を肌で感じていただけたら幸いです。中でもビールラベルコレクションが好評だったようです。(まぁ、あれだけの量と種類があるものですから(笑)

以上が主な作品紹介ですが、この他、お土産として持ち帰った特製padmaはんこや、パッチャン焼きのカップなど、ベトナム一色でお迎えしました。

開場間際までばたばたとしていましたが、いらしてくれた方と様々なお話をしたりして、終わってみればあっというまに時間が経ってしまったような気さえしています。今回の展示でのご感想を受け、また反省点も考慮し、これからの活動にも生かしてゆきたいと思っています。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-30 01:00 | Exhibition

Atelier Exhibition 終了しました

本日、Atelier Exhibitonを無事開催することができました。
http://loquatcafe.exblog.jp/359830/

未熟な点、お見苦しい点もあったかと思いますが、こうして無事開催でき、この展示のためにわざわざ足を運んでいただけたことに、心から感謝しています。どうもありがとうございました。

新たな作品のストックができてきたら、また別の展示を開催する機会があるかもしれません。今回の経験を無駄にせず、次に繋げてゆこうと思います。

ご来場、本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-29 23:41 | Exhibition

Atelier Exhibition のご案内

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
Fragmental Nostalgia of Vietnam Atelier Exhibition
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




29日に写真の展覧会を開催いたします。
小さいながらにも丁寧なイベントにしたいので
日時限定、予約制とすることにしました。

来場を希望される方は申し込み方法をご一読の上
メールにてお申し込みください。
なお、会場の関係でご希望に添えない場合もあります。
ご了承ください。


|| 展示内容 ||
2005年のベトナム旅行を記録、展示いたします。
各地で撮影した写真を使ったポストカード、写真をはじめ
旅の記録としてのスクラップブックも公開します。

Desing Festa vol.22に出品した作品と重複しますが
Atelier Exhibitionとして特別に楽しんでいただける展示を予定しています。

|| 開催日時 ||
2006年1月29日(日)
13:00~17:00

|| 場所 ||
千葉県習志野市
※詳細はご予約メールの返信にてお知らせいたします。
 東京駅から直通で20分程度です。


たくさんの写真とともにお待ちしています。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-29 00:00 | Exhibition

冬の麻

壁と窓から冷気が入り込んであまりに部屋が寒いので
断熱効果がある材料を探しに行ったのですが
なぜか、新しいシーツも買ってきてしまいました。
しかもはじめての麻100%。

学生の頃から麻の服の着心地が好きで
シャツやジャケットをかなり無造作に着こなし…
というより、しわになることすらうれしくて着倒していました。

そしてここ最近の麻製品事情といえば
素敵雑誌系の過剰な麻賛美ブームがあり
それには正直言って全く興味がないのです。
どれも同じように見えてとにかくつまらない。

普段からたくさんの布を扱っているので
素材としての麻の良さは知っていたのですが
これが、やはり、とーてーも良いですね。
この冬の真っ只中でも手触りが複雑で心地よく、暖かい。

唯一の欠点は、ベッドに転がって顔をつけると
気持ちが良すぎて、1分で眠りに落ちることです。
もっと意識して堪能したいのにっ!

>>参考リンク
日本麻紡績協会 http://www.asabo.com/asa.htm
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-23 21:19 | weblog

一週間後はアトリエ展

一週間後はアトリエ展なので、今日はなんとしても準備を進める日。
昨日はうっかり雪ではしゃいでしまったので。

さて、最初はDesign Festaの再現を、というつもりでしたが
書き出しているうちにアイディアが浮かんできて
いま、床中を新しく印刷した写真が埋め尽くしています。
これは、誰が、どうするんだろう・・・。(笑)

多数のポストカードはそのままで、
全く新しい作品もぽつぽつと揃えています。
より破片っぽく(Fragmental)に、よりノスタルジックに、
写真展としてのエッセンスをぎゅっと集めつつあります。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-23 00:33 | weblog

降雪

朝の雪景色を窓から眺めていると
一匹の黒白の猫が道を横切っていきます。
走ると脚の裏全面が雪について寒いのでしょう、
遠くから見てもわかるくらい爪先立ち(本当に)で
わき目もふらずに足早に通り過ぎました。
寒いのが苦手な私は、我が身のことのように震えます。

一方、散歩中の犬は雪に顔を埋めて
除雪車のように進み雪まみれになっています。
飛び跳ねて、寝転んで、全身で雪を楽しんでいて
それを見ていると、なんとなく私もうずうず。

部屋の中にいるときは別世界だった外界も
勇気を出していったん部屋から出てしまえば
さくさくと伝わる足からの感触で普段とは違う気分。
むしろ雪を通じて自然と繋がっているような気さえしてくる。

雪の勢いは少しも弱まらず、カメラを構えることもままならず。
外の景色はどこまでも白くて代わり映えもせず
手はすっかり冷え固まり、さすがにまともな写真は撮れそうにない。
まつげに積もるほどしんしんと雪が降り続く中
それでも体で感じる雪が気持ちよくて、もっと遠くへと歩きたくなって
さきほどの犬の気持ちが分かるような気がした。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-22 00:00 | weblog

snow

おはよう、雪だよ。






ちなみにこれを撮るために、一度ベランダに熱い紅茶をどばーっとひっくり返しています・・・。
はしゃぎすぎ。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-21 09:34 | weblog

20060119

みそぴー、ことピーナッツハニーを食べながらこれを書いています。
食べるのは十年振り以上ですが、悪くないですね。

小学生、中学生の頃は給食に出ていて、
もちろん全国区のものかと思っていました。
千葉の味です、美味しいです。

さてさて、カメラ業界が大きく揺れています。
先週のニコンのフィルムカメラ事業大幅縮小に次ぎ、
コニカミノルタはカメラ、フィルム業から撤退だそうですね。
激震です。

コニカミノルタのαSweet DIGITALはちょっと気になっていたので
少し残念です。
SONY製となるとまた考えが変わるので。

いまは銀塩もデジタルもcanonを使っていますが
今後、どうしようかなとは常々思っているので
また情報を集め直さないといけませんね。

でも、業界的に銀塩縮小が加速しても
近いうちにきっとまた銀塩が持ち直してくる日がくると
私は思っています。
銀塩ならではの魅力は他のものでは替えられないし
それを知っているひとはたくさんいるのだし。

かつてのレコード盤がそうであったように
10年以内にはまた時代はめぐってくるでしょう。
それまでのクールダウン期間だと信じたいです。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-20 00:30 | weblog

20060116

昨晩は極端に睡眠時間を減らしたので、強い眠さとともに月曜日をすごしました。春が来たのかしら?と思うほど。

日々、アトリエ展に向けての準備を進めています。スペースはDesign Festaの時より広いので、少しアレンジしたものも取り入れてみよう。

頭でに描いたもの、ことをかたちにする作業が私にとっては心から楽しいと思える。頭だけでぐるぐる考えるより、併せて手を動かすこと私には精神的にも快適だし、得意なようなのです。でも、それだけで満足かというと、それは全くそうではなくて。作ったものを自分以外の人に見てもらって、(あつかましいことは承知の上ですが)もし何かを感じてもらえたら、そこではじめて私の作品は完成形となると思っています。ですので、私の作るものは人に見せることを意識して作られているとも言えるかもしれません。

例えばにシャッターを切っている時は気分が高揚しているけれど、万が一写真が取れていなかったら写真を撮った意味なんて私にとってはほぼなくなるし、悲しみに暮れるでしょう。メカ好きなのでカメラ本体ももちろん好きだけど、一日中いじくりまわしているだけで幸せ♪とは思えない。すばらしい写真が満載の秘蔵アルバムが本棚いっぱいにできあがっても、むしろ寂しさが際立って感じられるかも。うーん、想像するだけで寂しすぎる。

「大切なものは目には見えないんだよ」と星の王子様は言いましたが、目に見えないからこそ、大切を通り越し、むやみに不安だったり、途方に暮れて迷ったり、思い誤ったりするかもしれない。そして、目に見えないからこそひときわ大切に感じられるのかもしれない。けれど、その理屈をどんなに細かく上手に説明されても、それだけで深く理解することは難しい、というより私には不可能に近い。

でもそれを感じるきっかけは多分、なにげないひとことや一節の文章、なにげなく視界にはいるものや光景。そもそも、感受性を持っているのは紛れもない私たち生身の人間なのだから、形状なんてまったく関係なく、きっかけはそんな小さなところから始まるのでは?いくら大きなテーマだからといっても、それを構成する要素が手に負えないほど大きいものとは限らないのでは?

私の頭の中の点と点は、星と星から星座が生まれるようにこうしておおらかに繋がってゆくのです。だから今日もこうして手を動かし、あえて目に見えるものを作り続けているのでしょう。
[PR]
by loquatcafe | 2006-01-16 23:24 | weblog